サイトへ戻る

こだわりぬいて作られたラグ

リチュアルラグ完成まで

リチュアルラグはWa Wovensを立ち上げたケリーのこだわりがたくさん詰まっています。

ケリー自身ヨガの愛好家です。

リチュアルラグは、彼女が大好きなメキシコでヨガのティーチャートレーニングをしていた時に思いついたものです。美しい手織りの製品に囲まれ、ヨガの哲学に浸っている時、ヨガマットの上で滑るような感覚に陥ったケリーは、手織りのヨガマットのアイデアが浮かびました。そしてそれが頭から離れませんでした。

それから自分で織機を購入し、使っていたヨガマットを細く切り、リチュアルラグの原型となるラグを自分で作りました。

これを商品にしたいと思いますが、ただ出来上がった商品が良ければいいのではなく、商品に使われている素材や工程すべてにこだわりたい、(自分達の商品に何が使われているのかも重要)と思い行動にでます。

リチュアルラグはオーガニックの麻が使われています。

その麻もケリー自身が中国にあるオーガニックの麻ファームまで足を運び選んだ物です。

見た目の美しさだけではなく本当にいいものをつくりたい。

そんな思いが詰まっています。

リチュアルラグはヨガの発祥の地でもあるインドの職人さんにより1つ1つ丁寧に手織りされています。

初めは自分の国のアメリカでも探しましたが、そんなの出来ないと断られたようです。

 

彼女は、自分の素人だったリチュアルラグの原型が、織りの職人たちによって見事に仕上げられていくのを目の当たりにし感動しました。

こうしてリチュアルラグが完成しました。

何千年もの間、ヨギーたちは手織りのラグを使って練習してきましたが、現代人はヨガマットにクッション性やタック性などの機能性を求めています。手織りの製法は、文字通り過去のアプローチと現代の技術を融合させヨガを練習する為のラグを美しい作品に仕上げる事ができました。

 

Ma Wovensの織布のパートナーはGoodWeave Internationalの認証を受けており、倫理的・環境的なコンプライアンスに関するMa Wovensの共通の価値観により、何百ものメーカーの中から選ばれています。

 

Ma Wovensの思い 

伝統を重んじる

リチュアルラグは、ヨガ発祥の地であり、何世代にもわたって織られてきた北インドで倫理的に手織りされています。この古代の工芸品は時の試練に耐え、現代の世界でも多くの理由から広く評価されています。悲しいことに、この工芸品は近代化の影響で徐々に姿を消しつつありますが、私たちの使命は、伝統に光を当て、世界の織りのコミュニティと協力することで、工芸品の存続に貢献することです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK